« 夏休み総決算2009 | トップページ | 初めてのディズニーシー~後編~ »

バックステージツアー

ミラノスカラ座のアイーダ・バックステージツアーに参加してきた。これは、NHKのイベント参加者募集に申し込んでGETしたもの。小さいときから高尚な芸術に親しんでほしい…なんて考えて応募した。小学生対象なのでのっちとまっちは参加できず、今回はいのすけのみ。
#NHKの公募は天てれに次いで2回目。
#2回申し込んで、2回ともあたるなんてLuckey or 応募が少ない?

Bu最初にオペラの説明を受け、いざ客席へ。客席から見る舞台(第4幕らしい)はとてもゴージャス。ファラオの像が大きすぎて、全体が見えないくらい。これ、NHKホールはスカラ座と比べて奥行きが狭いので、仕方がないんだって。手前の黒い物体は地下牢の扉。近くで見ると、エジプトっぽい彫刻がしてある石(に見える)扉なんだけど。。。

ここではまず、舞台のゴージャスさと、スケールの大きさ、それに、ハイビジョンカメラが1台3000万円というのにびっくり。

Sub次に、TV作成の舞台裏ということで、副調整室を見せてもらう。ドラマなんかで見たことのある、モニターとキーボード(?)がいっぱいの風景。ここで、ディレクターが台本に従って、カメラを切り替えたり、いろいろ指示を出すらしい。その台本って言うのが、カメラ割からアングルから、いろんなことを事細かに指定していて、結構複雑。もっと行き当たりばったりで収録しているのかと思ってた。。。

Fa2その後、舞台に上がらせてもらった。舞台は思ったより狭かった。アイーダの舞台は、たくさんの登場人物(全部で450人ぐらいいるとか。。。)が出るので、これだと大変そう。それにしても、ファラオの像はやはり大きい。(けど、近くで見ると、継ぎ目とかがわかってしまう。実は発泡スチロールでできてるんだって)

Clothそして最後に衣裳部屋。今回通してもらったのは、エキストラの人たちの衣裳を置いているところで、たくさんの衣裳がだ~っと並んでいる様子は圧巻。エキストラとはいえ、衣裳も鎧兜や靴などの小物もとても凝っていて、色遣いもさすがイタリアという感じ。主役の人たちの衣裳は、きっとものすごいんだろうな~。

こんな感じで約1時間半。オペラ初心者の私たちでも、十分に楽しめるバックステージツアーでした。せっかく舞台裏を見たのだから本番も…と言いたいところだけど、庶民には手の出るチケットではないので、TV放映(11月20日)を待つことにしよう。

で、肝心のいのすけは、舞台もオペラもそっちのけで、貸してもらったトランシーバーに心を奪われていた。。。彼女が芸術に興味を持つのはもう少し先かも。

|

« 夏休み総決算2009 | トップページ | 初めてのディズニーシー~後編~ »

いのすけ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。