« 猪苗代・裏磐梯~一日目~ | トップページ | 花火のあとの悲劇 »

猪苗代・裏磐梯~二日目~

翌日も雨が降ったり止んだりのあいにくの天気。だけど、私の希望で五色沼の散策に行く。

まず探索路の入り口にあるビジターセンターへ。センターの中は、周辺の自然についての展示が充実していて楽しかった。係りのお兄さんもとても気さくな人で、「クマが出るよ」って話から、新聞紙で作った自作のクマを紹介してくれたり、クマにまつわるクイズを出してくれたり。そして、センターの周りにはまだ雪が残っていて、コドモたちは大喜び。放っておいたら全然進まない感じだったので、「ほら、行くよ~」とお尻を叩いて、ようやく探索路へと向かったのだった。happy01

のっち&まっちはオットと、いのすけは私と一緒に歩いた。五色沼というだけあって、沼の色は神秘的なブルーだったり、透き通る緑だったり。晴れていたらまた違った色を見せてくれるんだろうな~。植物も、まだ芽吹き始めたばかりなのが雨に打たれて生き生きと輝いていて。こんな景色を楽しみながら、いのすけととりとめのない会話をするのってとても楽しかったんだけど…。コドモたちは足もとが悪いこともあって不満タラタラ。結局、探索路の半分ぐらいまで行って引き返すことにした。
#後から考えると、折角来たのだから
#最後まで歩けばよかった。。。今更だけどちょっと心残り。

スカイラインを通って猪苗代湖まで下りる。山頂からの道は霧で煙っていて、脇にはまだ雪が残っている。幻想的というか。途中の展望台で車を降りて景色を見た。山頂も、湖も、あんまりきれいに見えなかったけど、そのうちに、今度はオットと二人旅になるかもしれないけど、そのうちにまた再訪したいと思う。

さて、お昼ご飯は、野口英世記念館(入らなかったけど)の近くにある清作茶屋にて。そばもちセットというのを頼んだら、ざるそばに大根おろし、小豆、ずんだ豆をまぶしたおもちがついてきた。丸もち3つはなかなかボリュームがあったけど、素朴な味でおいしかった。矯正でもち断ち中ののっちにも一口サイズにして食べさせてあげたら、幸せそうに久しぶりのおもちを味わっていたよ。

その後は同じエリアのお土産物屋さんでお土産を買って、平和な時間に帰路についた。あいにくの天候で、旅行を満喫という感じではなかったけど、それでもやっぱり家族で行動するのは楽しい。時々はこんなふうに出かけられるといいな。

追記:
最初、「GWに福島に行くよ」って言った時、のっちが「放射能大丈夫?」って心配そうにつぶやいた。福島って言ってもとても広くて、このあたりは東京やさいたまと変わらないんだよという話をしたら納得してたけど…。
この程度の旅行で復興支援なんて言うつもりはまったくないけど、コドモたちと一緒に福島(っていうか会津だね)旅行できたことは本当によかったと思う。

I1I2I3I4

|

« 猪苗代・裏磐梯~一日目~ | トップページ | 花火のあとの悲劇 »

「家族・夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猪苗代・裏磐梯~一日目~ | トップページ | 花火のあとの悲劇 »