« 2013年1月 | トップページ

花巻・遠野~2日目~

2日目最初の訪問先は、滝観洞(ろうかんどう)wink。野性味あふれる鍾乳洞で、渥美清版『八墓村』のロケ地の一つでもある。鍾乳洞ふぇちにとってはたまらないところ。

Img_0414ヘルメット&雨合羽を借りていざ出発。一応、上着用意してきたけど、入口を入った途端に冷たい風がぴゅーっと吹き付け、寒い寒い。入ってすぐのところから、中腰でかなりの距離を歩く。コドモたちや私はそれほどでもなかったけど、背の高いオットは大変だったみたい。それ以降の道でも、狭いところや天井の低いところが多く、ガンガン頭をぶつけてしまった。ヘルメットかぶってなかったらどうなったことか。。。

天岩戸の滝までは約900メートル。結構遠いけど、あれこれ話をしながら進んでいくのは楽しかったし、芸術品のような石筍こそ少ないもののノッチや植物の化石(?)等の見どころがあってあっという間だった。滝は思ったより高くて細かい水しぶきが神秘的。それと、洞内に響く水の音が心地よくて、いつまでも聞いていたい感じ。探検気分を味わえる道中と合わせて、なかなか満足度の高い鍾乳洞だった。

Img_0434鍾乳洞の後は『遠野ふるさと村』。広い土地に昔ながらの田舎の建物が点在する。どの家も広くて、天井が高くて、とても落ち着く。何時間でも縁側に座っていたい感じ~。トンボが飛んでたり、黄金色の稲穂が風に揺れていたり、のどかで懐かしい時間を過ごすことができた。

Img_0441_2最後に、伝承園とカッパ淵へ。伝承園はふるさと村を小規模にした感じ。園内のあちこちにカッパの足跡があって、それを探して回るのが楽しかった。伝承園からちょっと歩いたところにあるカッパ淵は、きれいな水が流れる小川。名物おじさんが、キュウリをつけた釣竿を貸してくれて、カッパを釣ることができる。3人でしばらく糸を垂らしていたら、いのすけのキュウリが川に流れてってしまった。もしかしたら、カッパに取られたのかも!?

レンタカーで花巻まで戻り、新幹線で帰りの途に着く。短い日程だったけど、宮澤賢治と遠野の風景に癒され、心の洗濯ができたような・・・。コドモ達も思いのほか喜んでくれて、とてもよい旅だった。

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ